スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

紫竹ガーデン(北海道ガーデン街道)

平成22年7月17日~19日
7月18日

紫竹ガーデン
帯広市美栄町西4線107号

右は見渡す限りジャガイモ畑、左は小豆畑の田園地帯を走るといきなり素敵な建物が見えてきました。
8:30分に到着。
オープンの時間は9:00なので、外でうろうろしていたら、従業員さんが声をかけてくれて早々に入れることになりました。

オーナーの紫竹昭葉さん(紫竹おばあちゃん)が、1989年の63才のときに一日中大好きな花と遊んでいたいという想いから、現在、2500種の花を咲かせる18000坪のお花畑になりました。
野原の中にいるような、ナチュラルな懐かしさと温かさを感じるお庭です。

紫竹ガーデン1

紫竹ガーデン4

DSCN4965.jpg

DSCN4970.jpg

DSCN4964.jpg


一時間ほどかけて庭を眺め、ちょっと一息いれていたら、
紫竹おばあちゃんが声を掛けてくださいました。
「ソープワートを見せてあげましょう。アイスプラントを食べに行きましょう。」
もうびっくりやら嬉しいやら。
それからは、当時、紫竹おばあちゃんが自分ですべて植えた話しや、ソープワートを使って
泡を作り、手がすべすべになるのを実際に見せてくださったり、花の名前を教えてもらったり、
普段は見られない裏の畑に行って、アイスプラントやからし菜、カブを畑から採って食べてみたり、
ジューンベリーの実を直々に採って頂いたりと、夢のような時を過ごすことができました。

紫竹ガーデンは、花も感激だけど、笑顔が可愛らしくて、花のような温かい、そして元気な
紫竹おばあちゃんに再びお会いしたいガーデンでした。

DSCN4981.jpg
ソープワートの説明をしながら葉を摘んでる紫竹おばあちゃん。

DSCN4982.jpg
ソープワートを揉んで、泡立たせています。
紫竹おばあちゃんの手のひらは83歳?とは思えないくらい、柔らかくてすべすべでした。

TS3P0032.jpg
ピンクの花のイチゴ。可愛い~。

DSCN4980.jpg
始めはこの辺りの5本の木しかなかったのですって。紫竹おばあちゃんが教えてくれました。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ヨッシー

Author:ヨッシー
北海道在住 
ヨッシー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。